FC2ブログ

トモ一家の金魚日記

ある日突然金魚を飼うことになったトモ、トモパパ、トモママの日記です

プロフィール

トモパパ

Author:トモパパ
根が理系なせいなのか、単なる凝り性なのか、ぐだぐたと理屈をこねた記事が多いですが、とっても話好きなトモパパと、一見「三歩下がって・・・」というタイプに見えつつ、なかなか頑固なトモママと、怪獣のように聞き分けが無い暴れん坊の二歳児トモの三人家族の玉サバ飼育日記です。
ご意見、ご感想、ご質問、何でも良いのでコメントいただけるとうれしいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ご来場者

ご来場者累計:

現在のご来場者:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑↑↑少しでも参考になったという方はぜひクリックを。励みになります!!

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

ひょっとしてエサ皿? 2010-07-29-Thu

今日は一ヶ月くらい前、書くだけ書いて下書きになっていた記事を掘り起こしてきたのでちょっと前のお話からスタートです。ここ数日とは逆に、水面ばかりに浮いてどうしようもなかったときのことです。

我が家の玉サバ君たちの主食、メディスーパーゴールド。
水面から高いところから落下させると一気に沈みますが、普通に上げるとしばらく水面に浮かびます。
我が家の玉サバ君は、浮くえさを食べるときに一緒に空気を食べてしまうせいか、浮くエサを上げると浮いてしまいます。なので、沈降性のエサをあげているのですが、水面で食べられては元の木阿弥です。

そこで考えたのがこの方法。
esa1.jpg

底に置いた皿に、灯油ポンプのストレートパイプを使って沈んだエサしか食べさせない作戦です。
灯油ポンプは以前自動給水装置で蛇腹ホースだけ使って余っていたものを使用しました。
先端にはエサを入れやすいよう100均の漏斗がホットボンドで付けてあります。
水中側の先端部分は、気休め程度に先端に透明ホースを付けてあります。なんとなく灯油ポンプホースのエッジに玉サバくんたちが直接触れると怪我をしそうで嫌だったので。

お皿は100均の中華ソース皿(直径6cm弱)です。
esa2.jpg

エサをあげるときは勢い良く集まってきますので、結構お皿の外にまでエサが舞ってしまうのですが、こぼれたエサも底砂と一緒にモグモグしているので、食べ残しの心配はありません。

皿の周辺で水が淀むのが心配ですが・・・

効果としては、エサは底にあるということを覚えてくれたようで、エサをあげていないときも底砂をつつくようになりました。暇さえあれば水面でパクパクして空気を飲み込んでは浮いていたので、底を突っついて遊んでくれているのはいい傾向だと思います。


と、言うのがちょっと前までのお話です。
2週間くらい前にお皿をもう一回り大きく、深さがあるものに変更しました。これも百均です。
sara.jpg

今回の水換えでは、このお皿も洗う対象でしたので、朝から取り出して、洗ってそのままにしておきました。
そして、エサを水に浸してやるようにするということで、ホースの内側に張り付いて使いづらいだろうからと、お皿を使わないようにしようと、水換えが終わっても中に入れませんでした。

まさか関係あるとは思わないのですが、玉サバたちが最近固まって動かない場所は、元々このお皿があったところです。もしかしてお皿が気に入っていたのかと思い、今朝再び入れてみました。

効果の程はというと・・・少なくとも今日トモパパが帰ってきたときは蛍光灯が付いていてもみんな普通に泳いでいました。かわるがわるお皿の中をつつきながら。

まさかこれをなくしたのが原因?そんなことはありえないと思うのですが・・・

ちなみに蛍光灯の光はどっちにしても関係あるようです。いつも21:00に切れるようにしてあって、今日も切れたのですが、1-2分後に再び点けてみたところ、みんな一斉に底まで潜って、ダイチャンに到っては側溝で人工水草の陰に隠れていましたから。

やっぱり蛍光灯はストレスなんでしょうか?
今までそんなことはなかったんですけどね。

夜に蛍光灯をつけられないんじゃ、トモパパが金魚を見て癒されないので、困ったものです。

本当に、金魚って難しい。

↑↑↑少しでも参考になったという方はぜひクリックを。励みになります!!

CATEGORY : 60cm水槽 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 金魚の頭が白くなるのはなぜでしょう? | ホーム | 60cm水槽の水質・水換え記録(随時更新) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title mii | URL | 2010-08-03-Tue 23:49 [EDIT]

ちょうど私もこんな感じで餌をあげたいと思っていました!
参考になります。
某有名金魚屋さんのお話では、転覆対策に良いとのことです。
空気を食べてしまわないように水中で食べさせるのが
BESTだそうです。

はじめまして!! トモパパ | URL | 2010-08-04-Wed 20:04 [EDIT]

miiさん、こんばんは。初めまして。
コメントありがとうございます。

私も何とかして、空気を食べさせないようにと思ってやっています。
結局食べ終わった後、水面へ言ってパクパクやっちゃうんで、どこまで効果があるのかは微妙ですが。

でも、沈下性の餌をこのやり方でやるようになってから浮き気味3匹のうち、1匹はほとんど浮かなくなりました。
一番浮くやつ(オッチャン)はそのままなんですけどね。

オッチャンは泡入りのフンなんかもしているんですが、餌を減らしても、切っても効果がなく、半ば個性とあきらめかけています。

文字ばっかり多くて、ちょっと読みづらいかもしれませんが、今後とも見ていただけるとうれしいです。
コメントもお待ちしておりますのでまた遊びに来てください。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。