FC2ブログ

トモ一家の金魚日記

ある日突然金魚を飼うことになったトモ、トモパパ、トモママの日記です

プロフィール

トモパパ

Author:トモパパ
根が理系なせいなのか、単なる凝り性なのか、ぐだぐたと理屈をこねた記事が多いですが、とっても話好きなトモパパと、一見「三歩下がって・・・」というタイプに見えつつ、なかなか頑固なトモママと、怪獣のように聞き分けが無い暴れん坊の二歳児トモの三人家族の玉サバ飼育日記です。
ご意見、ご感想、ご質問、何でも良いのでコメントいただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ご来場者

ご来場者累計:

現在のご来場者:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑↑↑少しでも参考になったという方はぜひクリックを。励みになります!!

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

治療のしかたに間違いがある気がしてきました 2010-08-08-Sun

現在、尾びれが赤くなってしまっている治療として行っているのが、丸手3匹の隔離水槽での薬浴ですが、2匹は状況があまり変わらず、1匹は悪化してしまったようです。

変わらないのはオッチャン、ダイチャンの2匹、悪化したように見えるのはヒノチャンです。
尾びれの様子はこんな感じです。

オッチャン
dai3.jpg

ダイチャン
O003.jpg

ヒノチャン
hino008.jpg

ヒノチャンは最初は血管が何本も浮き出ていて、赤くは見えていたのですが、条に沿っている血管以外の部分も赤みが増してしまいました。

ここで改めて考えてみると、やはりともパパの薬浴には問題があると思われます。
自分で思いつく欠点は
1. 11Lの水量に3匹入れている
2. 水温が29-31℃
3. 餌をあげている
以上3点です。

つよ玉さんから頂いたアドバイスと合わせて考えると、水質悪化で赤みがひどくなる細菌感染の可能性が高いため、水質には注意しなくてはならないのですが、手持ちの機材の都合で予備水槽が一つしかないため、こうならざるを得ません。本来なら1匹、多くても2匹で抑えたいところですよね。

水温はもうどうにもなりません。一日中日の当たらない部屋においておいてもこれですから。
ただ、細菌の繁殖しやすい温度であることは事実かなと思っています。

餌については、賛否の分かれるところだと思うのですが、今回の場合、玉サバ君たちはやたらと元気で、本水槽に居るときと同じように活発に動き回っています。
さらに水温も高いですし、病気治療は体力勝負ですから、やむを得ず餌を1匹あたり通常の1/3くらい与えています。体力がなくなるほうが被害が大きくなると考えたからです。

とりあえず今日は11L中10Lを新水+塩+GFGR(グリーンFゴールドリキッド)に交換しました。
2日に一度はこのようなほぼ全換水が必要かもしれません。

説明書によるとGFGRの薬浴期間は4-5日で、現在2.5日経ったところですので、火曜の夜には規定の薬浴期間が終了します。正直あと2日で劇的によくなることは無いと思います。
その後をどうするかですね。

1. 0.5%塩水
2. 0.5%塩水+エルバージュ24時間
3. 0.5%塩水+グリーンFゴールド4-5日浴

次の手は?
薬餌については試してみようと思いますが、これについては薬の取扱説明書から外れた使用法になり、場合によっては薬事法に抵触する可能性もあるそうで。
ただ、ネットに載っている薬餌の作り方っていうのが調べてみたら面白いんですね。
水で薄めた薬に、餌をつけてふやかすそうです。
私の場合、最近餌は飼育水でふやかしてから与えているので、期せずして薬餌になっているようです。
もっとも効果がある濃度ではないかもしれませんが。
GFGRの主成分のオキソリン酸の経口薬も過去にはあったようなのですが、現役ではないようです。

肝心の3匹の様子といえば、本水槽に居たときと何も変わらず、背びれも立てて元気な状態が続いています。
なので、自信がないのですが感覚的には、規定期間の薬浴を終了した時点で最近にはある程度ダメージを与えるはずですので、あとは本水槽に戻して、頻繁に水換えしながら様子を見るのも一つの手なのかなと思っています。

なんだかんだ言って水槽は50L程度の水量が有ります。毎週1/3の水換えもしています。
これを週2回、1/2程度に換水というペースで管理すれば、それなりに餌を与えても、かなり水質が保たれると感じています。
少なくとも今の薬浴水槽よりはいいはずです。
薬を重視するか、水質を重視するかですね。

とりあえず薬浴期間終了後本水槽に戻し、週2回1/2換水を実施し、悪化する場合はもう一度エルバージュの24時間、または高濃度4時間を実施しようと思っています。

↑↑↑少しでも参考になったという方はぜひクリックを。励みになります!!

CATEGORY : 玉サバ Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 薬浴終了 | ホーム | カテゴリーを新設しました »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。